So-net無料ブログ作成
LDLコレステロール ブログトップ
前の3件 | -

LDLコレステロール 低い [LDLコレステロール]

悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールは、低い方が健康に良いと言われる事もありますが、低すぎるのも問題になります。

検査を行って適正範囲であればLDLコレステロールの数値を下げなくても良いですし、適正よりも高い場合は動脈硬化リスクが高くなりますが、適正値よりも低い数値になると他の病気リスクもありえるものです。

低栄養状態になっていても数値が低くなりますし、癌や心筋梗塞発症率も高くなり、甲状腺の異常によって脂肪代謝が促進される事によって、悪玉コレステロールの数値が低下し過ぎる事にもなります。

何事も適正値が望ましく、適正範囲にあるにも関わらず低下促進させる事は危険ですから、適度に動物性食品等の摂取を行う事が望ましいです。
nice!(0) 

ldlコレステロール高い [LDLコレステロール]

ldlコレステロールは悪い効果だけではなく、体にとって必須のものであり、全身にコレステロールを運ぶ働きもありますし、特徴を知って付き合っていく事が望ましいです。

悪玉コレステロールであるldlコレステロール高いという方は、実際に何が悪くて影響があるのかを知っておくと良いですし、一般的には高いより低い方が良いと言われる事もあります。

これは高すぎても低すぎても問題があり、ldlコレステロール高い時には血行不良によって様々な病気リスクを高める事になりますし、余剰なコレステロールが血管の壁に溜まっていき、それが引き金になって動脈硬化を引き起こしたり、心筋梗塞や脳卒中といったリスクを高める事になるものです。
nice!(0) 

LDLコレステロール 高い [LDLコレステロール]

健康診断を受けた後に、血液中のLDLコレステロール値が高いと出ると、ちょっとギクッとしますね。基準内に収まっている方はいいのですが、血液中の脂質のバランスが基準に入っていないと、治療が必要になっていきます。

LDLコレステロールの値があまりに高い、あるいは善玉であるHDLコレステロール値が低すぎるといった脂質異常症は動脈硬化の危険因子になっています。血管内部の壁に不要なコレステロールがついて血液の流れが悪くなり、動脈硬化という病気につながっていくからです。動脈硬化そのものには自覚症状がないので進行していても気づかないことが多いのです。

そして急に心筋梗塞や脳梗塞を起こすことがあります。適度な運動をすること、野菜や大豆製品、海藻などをたくさん取ってバランスのいい食生活を送ることなど、毎日の生活を改善していくことで予防することが非常に重要です。
nice!(0) 
前の3件 | - LDLコレステロール ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。