So-net無料ブログ作成

コレステロール値 高い [コレステロール高い]

コレステロール値が高い状態が長く続くと、血管が劣化すると共に血管壁が太く硬くなって動脈硬化が進行していきます。

全身の血管の動脈硬化が進めば、血流が悪くなったり血栓ができやすくなります。

するとアテロームというおかゆ状のドロドロとした塊ができてしまいます。

これが脳に達すれば脳梗塞を引き起こしたり、心臓の方に来れば心筋梗塞の引き金になる可能性が高くなります。

他にも大動脈瘤や 狭心症や腎動脈硬化症や 閉塞性動脈硬化症 などの深刻な病状を引き起こす危険性があるのです。

とくに閉塞性動脈硬化症は最近続化傾向にあるので注意が必要です。

コレステロール値が高いとこのような様々な健康上の問題が生じてしまうので、日頃からしっかりと数値管理を徹底することが大切です。




スポンサードリンク


nice!(0) 
共通テーマ:moblog

コレステロール値を下げる [コレステロール 下げる]

健康維持のためにはコレステロールの数値の適切な管理が重要です。

値が高すぎると血管の動脈硬化が進んで、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気を引き起こす原因にもなりかねません。

ではコレステロール値を下げるにはどうしたらよいでしょうか。

まず生活習慣に気を付けて、日頃から適度な運動を心がけることが大切です。

また食事にも十分留意しましょう。

例えばしそ科のえごまの種子にはα-リノレン酸が多く含有されています。

この成分はコレステロール値を下げるのにとても効果だといわれています。

他にも緑黄色野菜をしっかりと食べることも大切です。

食事や運動などの生活習慣をきちんと見直すと共に、数値を下げるのに有効なサプリメントや薬などを併用して摂取するのも効果的です。




スポンサードリンク


nice!(0) 
共通テーマ:moblog

コレステロール値を下げるには [コレステロール 下げる]

生活習慣として食生活が乱れてくると気になるのがコレステロールですが、実際にコレステロール値を下げるには様々な方法があります。

まずはコレステロールが食事由来ということで食生活を改善する方法があります。

一般的には脂っこいものや鶏卵・魚卵なども多くコレステロールを含みますので、この辺は避けるのがいいでしょう。

コレステロール値を下げるにはDHAやEPA、ビタミンCやE、レシチン、タウリン、食物繊維、ポリフェノールなど様々な食品が有効です。

またコレステロール値を下げるには適度な運動やストレスの発散が効果的とされています。

煙草などは人によってはストレス解消となるのですが、悪玉コレステロールを増やす働きが一般的にあるので、できれば減らすことが望ましいとされています。




スポンサードリンク


nice!(0) 
共通テーマ:moblog
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。